So-net無料ブログ作成
広告スペース

運命の人 ドラマ あらすじ

弓成が、とうとう極秘文書という爆弾を手に入れてしまいました。
そしてこの爆弾こそが、後に国家権力に追いつめられる原因となるのです。

沖縄返還に関する政府の密約は本当に存在した。
外務省事務官の昭子(真木よう子)からその極秘文を手に入れた新聞記者の弓成(本木雅弘)は、ニュースソースを守るため、文書の掲載をせず解説記事で世論に訴えようとする。
世論に訴え政府に密約の存在を認めさせたい弓成は、昭子から極秘文書の提供を受け続ける。

一方、由里子(松たか子)は弓成の書斎で極秘文書を見つけ不安に駆られる。

そんな時、山部一雄(大森南朋)が弓成を訪ねてやってくる。

【送料無料】運命...

【送料無料】運命...
価格:650円(税込、送料別)

【送料無料】運命...

【送料無料】運命...
価格:650円(税込、送料別)

【送料無料】運命...

【送料無料】運命...
価格:670円(税込、送料別)

【送料無料】運命...

【送料無料】運命...
価格:670円(税込、送料別)




nice!(0)  トラックバック(0) 

運命の人 ドラマ あらすじ

山崎豊子原作のヒット作、運命の人。
民放ドラマ6年ぶりの主演となる本木雅弘による社会派ドラマは、1月15日よる9:00~です。

1971年、沖縄返還を一年後に控え、佐橋総理(北大路欣也)がアメリカと、米軍基地の永続的使用を認める合意を交わしたのではとの疑惑が浮上。
毎朝新聞政治部のエース記者・弓成(本木雅弘)は、記者会見で佐橋を問い詰める。
ある日、弓成は同郷の外務省ナンバー2の安西傑審議官(石橋凌)に対米交渉状況を聞くため審議官室を訪れる。
そして安西が席を外した時に、弓成は安西の引き出しからはみ出している書類が自分が知りたがっていた「米軍基地返還予定リスト」であることに気付く・・・。

熾烈なスクープ合戦の中、確証を求める弓成に、外務省幹部の美貌の女性秘書との出会いが彼の運命を大きく狂わせる。

【送料無料】運命の人(1)

【送料無料】運命の人(1)
価格:650円(税込、送料別)

【送料無料】運命の人(2)

【送料無料】運命の人(2)
価格:650円(税込、送料別)


【送料無料】運命の人(3)

【送料無料】運命の人(3)
価格:670円(税込、送料別)

【送料無料】運命の人(4)

【送料無料】運命の人(4)
価格:670円(税込、送料別)



nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © かえでんぷる All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。