So-net無料ブログ作成
広告スペース

平清盛 大河ドラマ あらすじ

激動の時代を生きた平清盛。
その父は、実は白河法皇だった!

豪華キャストの平清盛が、いよいよ1月8日よる8:00~スタートです。

本当の親を知らないまま育った平清盛(松山ケンイチ)は、養父の平忠盛とともに朝廷の命で、海賊退治など汚れ仕事を行っていた。
そんな清盛が、瀬戸内の海賊を束ね、やがて日本を治める者となるのです。



平氏の嫡男、平忠盛(中井貴一)は、ある日物乞いの女と出会う。
その女、舞子(吹石一恵)は院の御所に出入りする白拍子(歌舞を業とする舞女)で、時の最高権力者・白河法皇(伊東四朗)の子を身ごもっていた。
不吉な子として殺されることを恐れ逃げてきた舞子を、忠盛は自らのもとにかくまう。
その後、舞子は赤ん坊を産み落とし、その子こそが、のちの平の清盛である。

nice!(1)  トラックバック(0) 
Copyright © かえでんぷる All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。