So-net無料ブログ作成
広告スペース

南極大陸 あらすじ 7話

すぐに戻れると信じセスナで宗谷に向かった第一次越冬隊は、天候悪化で基地に戻れなくなります。
気がかりなのは置き去りにしてきた樺太犬たち。
このブリザードの中、15頭の犬たちは一体どうなるんでしょうか。

生死をかけて共に冬を越した樺太犬の行く末が気になる、そんな第7話は・・・。

長い南極大陸の厳冬期が終わる頃、第二次観測隊を乗せ、 宗谷が南極へやってきた。
引継ぎのため、15頭の樺太犬を昭和基地に残し宗谷に乗船した倉持ら越冬隊員は、そこで衝撃を受ける。
宗谷はブリザードの中、海面を覆い尽くす氷に閉じ込められてしまったのだ。
スクリューも壊れ、一刻も早く非難するしか道はない。

しかし、このままでは基地に残してきた15頭の樺太犬たちが置き去りにされてしまうのだ。
倉持はセスナを飛ばし犬たちの救出を嘆願する。
しかし、 500人近い隊員や乗組員の命を優先する決断が、とうとう下されてしまう。

CONTENTS
・木村拓哉の撮り下ろしスペシャルグラビア&ロングインタビュー
・木村拓哉撮影完全リポート
・カラフト犬全紹介
・全シナリオ完全掲載
・制作者インタビューで明かす「南極大陸」の作り方




nice!(0)  トラックバック(0) 
Copyright © かえでんぷる All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。