So-net無料ブログ作成
広告スペース

ドラゴンタトゥーの女 あらすじ

スウェーデン発のミステリー「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」がハリウッドでリメイクされた映画、ドラゴンタトゥーの女が2月10日公開になります。
鼻ピアスにタトゥーという少年のようにやせた女性ハッカーとオピニオン誌のジャーナリストが未解決事件に挑む!!

【送料無料】ミレニアム(1 〔上〕)

【送料無料】ミレニアム(1 〔上〕)
価格:840円(税込、送料別)

【送料無料】ミレニアム(1 〔下〕)

【送料無料】ミレニアム(1 〔下〕)
価格:840円(税込、送料別)



月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)だが、名誉棄損で敗訴。
意気消沈の日々を送っていた。

そんな彼のもとに、スウェーデン有数の財閥元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人(クリストファー・プラマー)から家族史編纂の依頼が舞い込む。
しかしそれは表向きで、ヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。

依頼を受けて調査を開始したミカエルは、成功の裏に隠された一族の血塗られた過去に気づいたものの、手掛かりが掴めずにいた。
すると、一族の弁護士から天才的な資料収集能力の持ち主であるとして、ある人物を紹介される。

リスベット・サランデル(ルーニー・マーラー)という名の、顔色が悪くガリガリにやせた女だった。
この小柄な女の肩口から背中にかけて、龍の入れ墨(ドラゴン・タトゥー)が異彩を放っていた。
意外なことに彼女はこの事件に異様な関心を示す。

やがて彼女は、ハリエットの日記に記された聖書にまつわる数字が、ロシアの国境付近で未解決のままとなっている連続猟奇殺人事件と関連があることを突き止めるのだが……。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © かえでんぷる All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。