So-net無料ブログ作成
広告スペース

運命の人 4話

とうとう弓成が国家権力に押しつぶされてしまいました。
国家公務員でもない弓成の罪状は国家公務員法違反!



横溝議員(市川亀治郎)が晒した外務省の極秘電信文は、自分が漏洩した物だ、と認め出頭した三木昭子(真木よう子)。
弓成(本木雅弘)も機密文書を持ち出すよう"そそのかした"罪で逮捕され、屈辱の取調べが始まる…。

文書の入手元を問う捜査員に対し「新聞記者にはニュースソース秘匿の義務がある」と黙秘を貫く弓成。
そして、連日の取り調べでも弓成を責める供述をしない昭子。
そんな中、接見に訪れた弁護人の坂本(吹越満)は、「悪いのは弓成で、貴方は被害者だ」と昭子に巧みに吹き込んでいく。

取り調べが佳境に差し掛かる中、黙秘を貫く弓成に検察はあるモノを差し出す。
それが弓成を揺さぶることに…。


タグ:運命の人 4話
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © かえでんぷる All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。