So-net無料ブログ作成
広告スペース

早海さんと呼ばれる日 第3話 あらすじ

優梨子のお嬢様ぶりにはちょっとびっくりですが、前向きな所は尊敬すべき点ですよね。
次回は、優梨子が初の10日間1万円生活です。
そして家出したお母さんは、実はこんなところにいたのです!!


優梨子(松下奈緒)は給料日まで10日もあるのに使えるお金が1万円程度しかないことに気付き、恭一(井ノ原快彦)に相談する。
恭一は家族会議を開き、恵太郎(船越英一郎)に喫茶店の再開を迫るが、聞く耳を持たない。
さらに、1万円しか入れてない研二(要潤)にももう少しお金を入れるように頼むが、今で精一杯だと拒否。
逆に、優梨子が無計画に買い物をしたせいだと言われてしまう。

反省した優梨子は、10日間を1万円で乗り切ってみせると宣言する。  
また、参考にと義母・陽子(古手川祐子)が付けていた家計簿を見ていた優梨子は、毎月“入"という項目で2万8千円の入金があることがわかる。
調べるとガラスアート店からの入金であることがわかり、陽子が内職して家計の足しにしていたことが判明。
それを知った恭一は…。



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © かえでんぷる All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。